ソウル株式市場・中盤=反落、ポスコが6年超ぶり安値

[ソウル 1日 ロイター] - 総合株価指数    前営業日比 出来高概算 0307GMT 2029.47 11.56安 3.56億株 前営業日終値  2041.03 10.99高 5.47億株 1日のソウル株式市場は反落している。 0307GMT(日本時間午後0時07分)時点で、総合株価指数 は11. 56ポイント(0.57%)安の2029.47。 現代自動車 は2.4%安、サムスン電子 は1.0%安と軟調 。 鉄鋼大手ポスコ は2.5%下落し、6年超ぶり安値。米著名投資家ウォ ーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ が持ち株を 全て売却したとの報道が売り材料。

〔BOJウオッチャー〕短観から推計の需給ギャップ、人手不足で改善の公算

[東京 1日 ロイター] - 企業の雇用に対する不足感が1日の日銀短観で明らかとなり、日銀が物価を動かす要因として重視する需給ギャップは縮小している公算が大きくなった。日銀は物価を押し上げる力が引き続き働いていると説明できそうだ。ただ、2月の消費者物価指数(生鮮除く、コアCPI)が前年比横ばいにとどまり、目標とする2%の達成には「期待インフレ率」の大幅上昇が欠かせないという状況に変わりない。   

BUZZ-〔外為マーケットアイ〕ドル119円半ば、新年度ドル買いポジション構築に「冷や水」

ドル/円は119.52円付近。年度が切り替わり、新たなポジションを構築する動きが出始めているもよう。ドル/円では、日米の金融政策格差を捉えてドル買い/円売りから入ろうとしていた向きが多いと見られ、朝方からのドル売りの流れで「冷や水を浴びせられた」(国内金融機関)との声も出ていた。

シドニー外為・債券市場=豪ドル堅調、中国の製造業PMI好感

[シドニー/ウェリントン 1日 ロイター] - 1日のオセアニア外国為替市場では、豪ドル が7営業日ぶりに上昇。オーストラリアの最大の輸出先である中国の3月の製造業PMI(国家統計局調べ)が市場予想ほど悪くなかったことで豪ドル買いが入り、一時1豪ドル=0.7664米ドルまで上昇した。

UPDATE 1-日銀短観、円安でも製造業心理は慎重 非製造業に原油安の恩恵

[東京 1日 ロイター] - 日銀が1日発表した3月全国企業短期経済観測調査(短観)では、大企業製造業の業況判断DIがプラス12と前回調査から横ばいにとどまり、円安による輸出・収益増にもかかわらず、企業の慎重姿勢がうかがえる内容となった。一方、大企業非製造業はプラス19に改善。原油安に伴うコスト低下が円安によるコスト増の影響を上回った可能性がある。

UPDATE 1-高水準での横ばい、全くおかしくない=日銀短観で菅官房長官

[東京 1日 ロイター] - 菅義偉官房長官は1日午前の会見で、日銀短観の大企業製造業の業況判断が前回から横ばいとなったことについて、高い水準にあり、全くおかしくない、との認識を示した。

東京株式市場・前場=続落、短観下振れで一時1万9000円割れ

[東京 1日 ロイター] - 日経平均 前場終値 19035.63 -171.36 寄り付き 19129.75 安値/高値 18927.95─19195.23 東証出来高(万株) 126481 東証売買代金(億円) 14503.77 前場の東京株式市場で日経平均は続落。前日の米株安に加え、日銀短観の下振れを嫌気し 利益確定売りが強まった。名実ともに新年度入りし、国内機関投資家が早めの益出しの売 りを行っているとの観測もあった。売り一巡後は押し目買いや日銀による

台湾株式市場・中盤=反落、日米の株安受け

[台北 1日 ロイター] -   加権指数       前営業日比   売買代金  0217GMT 9527.24 59.20安 382.9億台湾ドル   前営業日終値  9586.44 64.57高 1070.6億台湾ドル   1日中盤の台湾市場の株価は反落。おおむね日米の株安に圧迫されている。加権指数 は0204GMT時点で65.12ポイント(0.7%)安の9524.5。 各業種全てで下落を示し、特に自動車指数 が1.03%安、プラスチック指 数 が1.56%安と、足を引っ張っている。 このほかエレクトロニクス指数 は0.56%安、半導体指数 は0.6 9%安。

経済指標予測

[1日 ロイター] - *ロイターの指標コードのデータに基づいています。 ◆国内分 日本日付 時間 指標名 期間 単位 予測 人数 前回 指標コード 4/2 8:50 対外債券投資 (円) w/e bln JP 0 765.5 4/2 8:50 海外投資家対内株式投資 (円) w/e bln JP 0 -352.8 4/6 14:00 景気動向一致指数 Feb 0 2.4 4/6 14:00 先行指数 Feb

UPDATE 1-HSBC中国製造業PMI改定値、3月49.6に上方修正

[上海 1日 ロイター] - HSBC/マークイットが発表した3月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は49.6だった。速報値の49.2から小幅に上方修正されたものの、景況改善と悪化の節目である50を下回り、2月(50.7)からは大幅に悪化した。政府の刺激策にもかかわらず、景気は回復をみせていない。
© マーケットニュースの瓦版