UPDATE 1-福島原発作業員が東電提訴、危険手当など未払いで約6200万円請求

[いわき市/東京 3日 ロイター] - 東京電力 福島第1原発の事故処理で危険手当など所定の賃金が支払われなかったとして、作業員2人と元作業員2人が3日、東電とその協力企業を提訴した。

仏、15年の支出削減目標を緩和の公算=財務相

[パリ 2日 ロイター] - フランスのサパン財務・公会計相は、インフレ率が政府目標を下回っていることから、来年度予算で財政支出抑制の規模を縮小せざるを得ないとの見方を示した。

UPDATE 1-豪成長率、第2四半期は前期比+0.5%に減速 

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア統計局が発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)は、季節調整済みで前期比0.5%増、前年比3.1%増だった。

〔焦点〕安倍長期政権へ「重厚」布陣で足固め、早期解散後退の声

[東京 3日 ロイター] - 第2次安倍改造内閣と党役員人事の布陣は、派閥領袖などベテランを要のポストに置く、重厚で実務型の陣容となった。リベラルな考え方で知られる谷垣禎一氏を幹事長に起用することで、党内融和・挙党態勢を再構築する狙いがあるとみられる。斬新さに欠けるが、連立を組む公明党との関係強化も意識し、政権基盤の強化を図ったかたちだ。永田町では、早期の衆院解散・総選挙の可能性は後退したとの見方が支配的となっている。

新規上場企業の横顔:ヤマシンフィルタ(10月8日東証2部上場)

[東京 2日 ロイター] - 10月8日に東証2部上場予定の「ヤマシンフィルタ 」 の概要は以下のとおり。 ≪本社≫ 神奈川県横浜市中区桜木町 ≪事業内容≫ フィルタ製品の研究開発・製造及び販売 ≪代表者≫  代表取締役社長 山崎 敦彦 ≪資本金≫  3億3507万円 ≪発行済み株式数≫  169万6500株(2014年9月2日現在) ≪従業員数≫  115名(2014年7月31日現在) ≪業績≫ 2014年3月期 2013年3月期 売上高(千円) 9,660,134 8,432,722 経常利益(千円) 338,322 -139,080 当期利益(千円) 74,034 -258,387 1株当たり利益(円) 43.64 -152.31

ソウル株式市場・中盤=続落、一時3週間ぶり安値

[ソウル 3日 ロイター] - 総合株価指数    前営業日比 出来高概算 0246GMT 2049.42 2.16安 1.97億株 前営業日終値  2051.58 16.28安 3.20億株 中盤のソウル株式市場は続落。輸出の低迷に対する懸念や今週の欧州中央銀行(EC B)理事会を控えた不透明感を背景に、一時3週間ぶりの安値をつけた。 0246GMT(日本時間午前11時46分)時点の総合株価指数 は2.1 6ポイント(0.11%)安の2049.42。一時8月13日以来の安値となる204 0.44まで下落した。 フランスのオランド大統領と欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は1日に会談し、 低インフレと低成長が欧州経済を脅かしているとの認識で一致した。欧州は、韓国の主要 な輸出先。 SK証券のアナリストは「ECBが量的緩和のような思い切った措置を打ち出すとは 考えにくい。長期オペが始まるのはこれからで、ドイツなど政治的な反発も予想される」 と述べた。 ソウル市場は

ANA、独ルフトハンザと航空貨物を共同展開 一体運営は世界初

[東京 3日 ロイター] - 全日本空輸(ANA) は3日、独ルフトハンザ航空 と日欧間の貨物事業を共同で展開すると発表した。まずは2014年冬から日本発欧州向けを、15年中に欧州発日本向けで共同事業の開始を目指す。航空大手が貨物事業を一体運営するのは世界初という。

BUZZ-〔外為マーケットアイ〕ドル105円前半でこう着、市場には「高値恐怖感」との声も 

株高/円安の流れが強まる中、輸出企業には様子見ムードがあるという。ドル売り圧力が強くなく、上方向を試しやすい状況となっているが、市場には「高値恐怖感も出てきた」(邦銀)との声もある。「年初来高値(105.45円)を超えてくれば新たなドアが開くが、そこを抜けていくほどの余力はないのではないか」(同)との見方もあった。

UAEのエティハドと伊アリタリアの提携をEUが承認へ=関係筋

[ブラッセル 2日 ロイター] - 経営難に陥っているイタリアのアリタリア航空とアラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空の資本提携に対して、欧州連合(EU)の独占禁止当局が若干の修正を条件として年内に一次承認を与える見通しになった。

台湾株式市場・中盤=反発、ハイテク株がけん引

[台北 3日 ロイター] -   加権指数     前営業日比   売買代金   0120GMT 9435.14 35.42高     前営業日終値  9399.72 113.34安 878.3億台湾ド   3日午前の台湾株式市場の株価は反発。ハイテク株が相場をけん引した。ただ、海外 市場から手掛かりになる材料が乏しく、上値は抑えられている。   加権指数 は0120GMT(日本時間午前10時20分)時点で35.42 ポイント(0.38%)高の9435.14。前日は1.19%安で引けていた。   電子製品指数 は0.5%高。   電子機器受託製造(EMS)大手の鴻海精密工業 は0.5%高。台湾積体 電路製造(TSMC) は0.4%高、きょう体(ケース)大手の可成科技<2474 .TW>は1.7%高となった。   3社はいずれも、新型スマートフォンの発表を来週に控える米アップルに部品を供給 している。
© マーケットニュースの瓦版