〔クロスマーケットアイ〕鳴りを潜める海外勢、日本株の本格上昇に欠かせぬ「主役」復帰

[東京 30日 ロイター] - 日本株の底堅さが、市場関係者の話題になっている。その中心的な存在として見られているのが公的資金の買いだ。しかし、基本的に押し目買い中心であり、上値を追う本当の「主役」には海外勢の復帰が欠かせないとの声が多い。だが、2013年のようなアベノミクスへの「熱い期待」は薄れており、主要企業の大幅な増益などミクロ面でどれだけアピールできるかがカギとなる。

欧州副委員長がギリシャに改革維持求める、目標達成の期限延長も

[ベルリン 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のカタイネン副委員長は30日、ギリシャの新政権に対し、国際支援機関と合意した改革を維持するよう求めた。ただ、特定の目標達成に向け、時間的な猶予を与える可能性も示唆した。

ベルギーのソルベイ、ドイツの冷却剤事業をダイキンに売却へ

[30日 ロイター] - ベルギーの化学メーカー、ソルベイ は、ドイツの冷却剤と促進剤の事業をダイキン工業 に売却することで合意した、と発表した。

グラハム米共和党上院議員、大統領選視野に資金集め組織設立

[ワシントン 29日 ロイター] - 米共和党のリンジー・グラハム上院議員(サウスカロライナ州)は29日、2016年の次期大統領選に出馬した場合に活動の基盤となる政治団体を立ち上げた。

ケリー米国務長官が訪ロ検討、ウクライナ情勢協議へ=関係筋

[モスクワ 30日 ロイター] - 外交筋によると、ロシアと米国はウクライナ情勢について協議するため、ケリー米国務長官によるロシア訪問を検討している。実現すれば、ウクライナ国内の紛争をめぐり両国の関係が悪化して以来、初の訪ロとなる。

中国の適格外国機関投資家投資枠、1月末は680億ドルに拡大

[北京 30日 ロイター] - 中国国家外為管理局(SAFE)によると、1月末時点の適格外国機関投資家(QFII)投資枠は680億ドルと、11月末の657億ドルから拡大した。

再送-Jパワー :15年3月期単体決算予想、当期利益230億円、上方修正

(営業利益を追加して再送します) [東京 30日 ロイター] 2015年3月期(2014年4月1日-2015年3月31日) 注) △は赤字 今回の予想 前回の予想 売上高 (百万円) 562,000 554,000 営業利益(百万円) 40,000 29,000 経常利益(百万円) 27,000 16,000 当期利益(百万円) 23,000 12,000 1株利益 (円) 153.28 79.97

スカイマークと共同運航など全日空の協力歓迎=インテグラル社長

[東京 30日 ロイター] - 28日に民事再生法の適用を申請した国内航空3位のスカイマーク 支援に名乗りを上げている投資ファンド、インテグラル(本社、東京都千代田区)の佐山展夫社長は30日、ロイターとのインタビューで、同社が再建策として全日本空輸 との共同運航の実現を検討していることに触れ、「コードシェア(共同運航)のほかにもあればやっていただきたい」と述べ、同社との協力拡大を歓迎する意向を示した。

〔焦点〕会計基準が乱立の様相、海外勢の日本株投資に障害リスク

[東京 30日 ロイター] - 国際会計基準(IFRS)をめぐって、金融庁や大企業の動きが錯綜し、複数の会計基準が乱立する様相となっている。金融庁はIFRSの強制適用の議論を封印し、今年夏にも修正国際基準(JMIS)の最終基準化を目指すが、一部の大企業ではIFRS採用の動きが出ており、海外投資家にとって日本企業の収益性比較が難しくなり、日本株投資の障害になるリスクも出てきた。

14年度補正予算案を可決=衆院予算委

[東京 30日 ロイター] - 衆議院予算委員会は30日、2014年度補正予算案を可決した。同案はこの後、衆院本会議で可決され、参議院に送付される。
© マーケットニュースの瓦版